2021.12.26

全国高校ラグビーで「日本代表候補」のランナー6人。「松島幸太朗2世」など今年は逸材が粒ぞろい!

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 大阪・東大阪市花園ラグビー場に、今年も全国の高校生ラガーマンたちが集結した。12月27日から1月8日にかけて、計51校が激突する「花園」全国高校ラグビー大会がついに開幕する。

 100回目の記念大会だった昨季は、「東の横綱」桐蔭学園(神奈川)が史上9校目の連覇を達成。桐蔭学園No.8(ナンバーエイト)佐藤健次(現・早稲田大1年/以下同)やLO(ロック)青木恵斗(現・帝京大1年)、京都成章(京都)LO本橋拓馬(現・帝京大1年)など、FWの活躍が際立った大会だった。

 しかし101回目となる今季は、FWではなくBKが目立つ大会となりそうだ。そこで今回は、将来ワールドカップやオリンピックで活躍が期待される「高校日本代表候補」のランナー6人を紹介したい。

今年の花園で注目を集める桐蔭学園2年生の矢崎由高今年の花園で注目を集める桐蔭学園2年生の矢崎由高 この記事に関連する写真を見る  その筆頭は、花園3連覇のカギを握るAシード桐蔭学園のエース、身長180cmのFB(フルバック)矢崎由高(2年)だ。昨年は1年生ながら、高校の先輩である日本代表FB松島幸太朗も袖を通した「紺の15番」を背負って聖地・花園で躍動し、準決勝でハットトリックを達成するなど優勝に大きく貢献。大会の優秀選手にも選ばれた。

 しかし、矢崎曰く「昨季の花園では、上半身、下半身を含めて自分のパワー不足を感じた」という。今季はフィジカルトレーニングに時間を割き、体重5kgほど増やして82kgまで成長。スピードとステップだけでなく、徐々にパワーも増した。

 昨季までは「自分の勘だけを信じてきた」矢崎だが、2年生となった今季は違うと語る。「相手のディフェンスラインを見たり、周りの選手を使ったり、余裕ができてきたので、状況判断できることも増えてきた。60分ずっと走れる選手はいないので、勝負どころを決めてやるようにしている」(矢崎)

 桐蔭学園の15番を背負っているため、どうしてもメディアでは「松島2世」という言葉が躍る。しかし、矢崎は冷静だ。「そう呼んでもらってありがたいですが、松島選手は偉大な先輩で、まだ憧れです。松島選手を目標にするレベルになれるようにやっていきたい」と謙虚に話す。