2021.02.19

トップリーグいよいよ開幕。次の日本代表を担う「3人の注目ルーキー」

  • 斉藤健仁●取材・文 text by Saito Kenji
  • 長尾亜紀●撮影 photo by Nagao Aki

 新型コロナウィルス感染拡大の影響により、1ヶ月遅れてラグビートップリーグが2月20日に開幕する。来年から新リーグが始まるため、現行の形では最後の大会だ。

 今年の大会フォーマットは、16チームがふたつのカンファレンスに分かれて1回戦総当たりのリーグ戦を行ない、カンファレンス内の順位を決定。その後、下部リーグの上位4チームを加えた20チームでプレーオフトーナメントを戦い、5月23日に優勝チームが決定する。

強豪サントリーの一員となった齋藤直人 ラグビーファンが開幕を待ち望むなか、満を持してトップリーグデビューするのが、昨年3月に大学を卒業したルーキーたちだ。

 例年、夏に開幕していたことを考えると、半年遅れのデビューとなる。ただその分、チームに馴染む時間が十分にあり、より即戦力として貢献する可能性も高いだろう。今回は活躍を期待している3人を紹介したい。

 ひとり目は、昨年度の大学選手権で早稲田大を優勝に導いたサントリーサンゴリアスのSH(スクラムハーフ)齋藤直人だ。長いパスとランを得意とし、戦術眼も秀でた選手である。早稲田大では主将を務め、卒業後はスーパーラグビーのサンウルブズでも研鑽を積んだ。

 身長165cmと小柄ながら、高校時代から将来を嘱望された逸材。大学3年時には日本代表候補にも名を連ねた。周囲から寄せられる期待も高いが、齋藤は臆することなく「日本代表に選ばれたいですし、2023年のワールドカップは絶対に出たい。今はサントリーで9番をつけて試合に出ることしか考えていない」と言い切る。

 サントリーの豪華なBK陣を目にして、齋藤は「(まるで)ワールドカップですよ!」と声を弾ませた。SH流大(ながれ・ゆたか)とインサイドCTB(センター)中村亮土は日本代表、SO(スタンドオフ)は2度の世界最優秀選手に輝いたニュージーランド代表の司令塔ボーデン・バレット、アウトサイドCTBには元オーストラリア代表サム・ケレヴィ......。2019年ワールドカップで活躍した錚々たるメンバーが並ぶ。