2019.10.17

「笑わない男」稲垣啓太の笑顔は見られるか。
南ア戦、勝利のカギを握る

  • 斉藤健仁●取材・文 text by Saito Kenji
  • photo by AFLO

「笑わない男」
「漫画『グラップラー刃牙』の花山薫に似ている」

 ラグビーワールドカップで初の決勝トーナメント進出を果たし、大きな注目を集めている日本代表のなかで、とくに話題をさらっているのが左PR(プロップ)稲垣啓太(パナソニック)だ。

初のW杯ベスト8進出を決めた時も、稲垣の表情はこれ 身長186cm・体重116kgと見事な体躯を誇る世界的な選手だが、日本代表随一のお洒落さん。牛丼の特盛りを3杯平らげてしまう大食漢で、テレビ番組でギャル曽根と対決して好バトル……。本来はスクラムの最前線でチームを支える日陰のポジションだが、そのキャラクターも相まって耳目を集めている。

 10月13日に神奈川・横浜国際総合競技場で行なわれたスコットランド代表戦にも先発出場し、28-21の勝利に貢献。前半25分には、2014年から日本代表に選ばれて以来、初めてトライを挙げた。味方がオフロードパスを3本つなぐ、ジェイミー・ジャパンらしいトライだった。

「日本代表に入ってから初めてのトライだったので、慣れていないのでボールの置き方がわからず、両手で大事にいきました。ボールをうまくつなげて、最終的に僕のところに来たという感じ。理想的なトライの取り方だった」

 リーダーグループのひとりとして守備面を担当する稲垣は、昨秋の欧州遠征後には次のように自信を口にしていた。

「(W杯開幕まで)残り300日と少ないですが、能力的にも身体的にもメンタル的にも、いい感じに仕上がってきた。パスの精度、走り込むタイミング、ボールの出し方、スクラム……課題はたくさんありますが、ディテールまで詳細を突き詰めていけるかがカギになってくる」

 初のW杯ベスト8進出を果たすために、予選ではまさにそれを有言実行したと言えるだろう。

 スパイクに「NIIGATA」の文字を刻むほど、稲垣は郷土愛にあふれている。もともと野球少年でキャッチャーだったが、中学3年時からラグビーを始めた。