2019.06.29

無名高校→ラグビーW杯へ。
シンデレラボーイの進撃はどこまで続くか

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 7月末からの国際試合3連戦、そして9月20日に日本で開幕を迎えるラグビーワールドカップに向けて、ラグビー日本代表は宮崎で合宿を重ねている。参加している選手に大きなケガなどがなければ、W杯の最終メンバー31名は今回の合宿から選ばれる可能性が高い。

ジョセフHCから高い評価を得ている23歳の木津悠輔 今回の宮崎合宿には、SH(スクラムハーフ)日和佐篤、CTB(センター)立川理道、WTB(ウィング)山田章仁といった「2015年W杯組」が落選した。そんななか、今年になって急にコーチ陣の評価を上げて宮崎合宿に呼ばれた、代表キャップ0の「シンデレラガール」ならぬ「シンデレラボーイ」がいる。それが、FW最年少23歳のPR(プロップ)木津悠輔だ。

 個人的には、サンウルブズでプレーし続けていたベテランPR浅原拓真が選ばれると思っていた。ところが、日本代表を率いるジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)は、日本代表候補で編成された特別編成チーム「ウルフパック」で活躍した木津を選んだ。

「木津には感心している。若手だが(ウルフパックで)戦えるところを自ら立証した。とても激しい選手で、機動力もある。求めるスキルを持ち合わせているので、将来も有望だ。彼がW杯のメンバーに入るかわからないが、非常に期待している」(ジョセフHC)

 ジョセフHCから賞賛の言葉をもらった木津は、語気を強めて思いを語った。

「日本でW杯が開催されるのは、選手人生において一生に一度。日本代表候補としてチャンスをいただいているので、アピールして日本代表に入りたい」

 身長178cm・体重113kgを誇る木津のポジションは、背番号3番の「右PR」だ。スクラムを組んだ時には両肩に相手の体重がかかるので、「タイトヘッドプロップ」とも呼ばれている。日本はワールドカップでロシア、アイルランド、スコットランドといったセットプレーの強い欧州勢と戦うため、スクラムの安定は欠かせない。3番のポジションは、まさにスクラムの根幹を支える要だ。