2016.02.26

五郎丸参戦のスーパーラグビー。
なにが「スーパー」なの?

  • 斉藤健仁●取材・文 text by Saito Kenji  photo by Getty Images

 日本チーム「サンウルブズ」の参戦で注目を集めるスーパーラグビーが、いよいよ2月26日に開幕する。五郎丸人気で近ごろメディアを賑わしていますが……そもそも、「スーパーラグビー」ってなに?

レッズの一員としてスーパーラグビーに初参戦する五郎丸歩 まずは、簡単な概要から。「スーパーラグビー」というのは、ラグビーワールドカップで優勝経験のある南半球の強豪3ヶ国――ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカで組織された団体が運営する「国際リーグ戦」のことである。15人制ラグビーがプロ(オープン)化した翌年の1996年にスタートし、今年で21年目。世界のトップ選手が集まることから、「世界最高峰のプロリーグ」と言われている。

 参加するチームは「18」。今年から日本の「サンウルブズ」に加え、アルゼンチン代表メンバーを軸に構成された「ジャガーズ」も参加することになった。つまり、昨年のワールドカップで準決勝に進出した4チーム(優勝=ニュージーランド、準優勝=オーストラリア、3位=南アフリカ、4位=アルゼンチン)の国がスーパーラグビーのベースとなり、そこにサンウルブズが戦いを挑むというわけだ。

 南アフリカこそ事情が少し異なるが、例外を除いて基本的にニュージーランドやオーストラリアは、スーパーラグビーのチームでプレーしないと代表になることができない。そのため、スーパーラグビーの舞台はすでに代表に選ばれている選手だけでなく、国の将来を担う若手がアピールする場でもあり、ナショナルチーム同士のテストマッチよりも攻撃的なラグビーが展開され、見ているものを魅了する。