2015.12.20

エディー・ジョーンズHCの後任へ。ラグビー指揮官候補2人の経歴と評判 

  • 斉藤健仁●文 text by Saito Kenji  photo by AFLO

 2019年ラグビーワールドカップ(W杯)に向けて日本代表を率いる指揮官の人事が難航していたが、先週になって陣容が見えてきた。来年2月からスーパーラグビーに参戦する日本代表に準じるチーム「サンウルブズ」の指揮官には元ハリケーンズ(NZ)のヘッドコーチ(HC)、マーク・ハメット。そして、日本代表のHCにはオールブラックスと日本代表の両方でキャップを持ち、昨季ハイランダーズ(NZ)を初優勝に導いたジェイミー・ジョセフが就任する見通しとなった。

次期日本代表ヘッドコーチとして名前が挙がっているジェイミー・ジョセフ氏

 前任のエディー・ジョーンズHCが、2015年のラグビーワールドカップ終了後に退任することを発表したのは8月25日のこと。ジョーンズは大会終了後、ストーマーズ(南アフリカ)の指揮官に就任したが、一転、11月にイングランド代表HCに就任し、世界を驚かせた。一方で日本代表もサンウルブスもHCは空席のままだった。

 もともと、ジョーンズはサンウルブズの「ディレクター・オブ・ラグビー(強化責任者)」も務めていた。そのため、大方の予想ではワールドカップ終了後も、ジョーンズが日本代表とスーパーラグビーチームの両方に関わると見られていた。

 だが、ジョーンズは日本を去った。そのため、平尾誠二理事やラグビーワールドカップ2019日本代表戦略室長・薫田真広氏、岩渕健輔ゼネラルマネージャーら6人からなるワーキングチームが後任探しに奔走。日本ラグビー協会の坂本典幸専務理事は「(日本代表とサンウルブズの指揮官は)同じ人が望ましいが、そうならないかもしれない」と述べていた。