2015.09.20

【ラグビーW杯】歴史的勝利。
日本代表が史上最大のアップセットを起こせた要因

  • 松瀬学●文 text by Matsuse Manabu 齋藤龍太郎●写真 photo by Saito Ryutaro

 これは夢か現実か。ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会で、日本代表が過去2度の優勝を誇る南アフリカから大金星を挙げた。歓喜の爆発。約3万の観衆で埋まった英国ブライトンの会場では「ジャパン!」コールが鳴り続けた。

観客席へ挨拶に向かう日本代表の選手たち。スタジアム全体が大逆転劇に沸いた 日本のエディー・ジョーンズヘッドコーチ(HC)が声を震わせる。

「これで日本のラグビーの歴史が変わった」

 それはそうだ。過去W杯での日本の勝利はわずかひとつ(通算1勝2分21敗)だった。24年ぶりの勝利が、世界ランク3位の南アからとは。よほどうれしかったのだろう、観客席では感涙にむせぶ日本人が続出した。

 まさに「信は力なり」である。最後まで桜戦士は勝利にこだわった。

 ロスタイム。日本が敵陣ゴール前の左中間辺りで、ペナルティーキック(PK)をもらう。点差は3点。同点PG狙うかと思いきや、相手がシンビン(10分間の一時退場)でFW が1人少ないこともあって、スクラムを選択した。

 主将のリーチ マイケルが振り返る。

「最後は同点ではなく、勝ちにいこうと思った。練習でやってきたことを信じてやった」