2019.08.22

Tリーグ松下チェアマン、2年目の構想。
「今はまだベンチャー企業」

  • 栗田シメイ●文 text by Kurita Shimei
  • 木鋪虎雄●写真 photo by Kishiku Torao

Tリーグ開幕直前!チェアマン・松下浩二が明かすリーグの未来(後半)

(前編の記事はこちら>>)

 来る8月29日(木)にTリーグの2シーズン目が幕を開ける。昨シーズンは開幕戦とファイナルで大きな注目を集め、まずまずのスタートを切った。果たして今シーズンはどんなサプライズを見せてくれるのだろうか。Tリーグ創設者の松下浩二チェアマンが、今シーズンの見どころ、強化、未来への布石について語ってくれた。

「新たな試みを積極的に仕掛けていきたい」と語る松下チェアマン――長期的な視野に立つと、4チームでのリーグ戦は同カードの試合が多くなり、マンネリ化の懸念もあるかと思います。

「その点に関しては、いろいろなところからご意見をいただいています。現段階で明言はできませんが、早期で参入チームの増加を検討しています。早ければ東京オリンピック後の20年から参加チームの増加ができればと思います。男女とも2チームずつを追加し、6チーム制でリーグを運営していくことを想定しています」

――リーグのレベルを保つという意味では、チーム数の増加はバランスが難しい面もあるのではないでしょうか?

「昨シーズンに関しては言えば、世界ランキングでトップ30~40位の選手ですら、ベンチに座っている試合が多く目につきました。これはリーグのレベルの高さゆえでもあります。上のレベルが高すぎてトップクラスの選手ですらあまり試合に出られない状況でした。そんな状況もあり、チーム数を増やさないともったいない、とすら考えています。

 一方で裏を返せば、Tリーグの競技レベルは世界的にも極めて高い水準にあるという自負があります。チーム数が増加しても、競技レベルは保たれるというのが私の考えですね」