2018.10.18

卓球Tリーグ開幕へ意気込む吉村真晴
「MVPが水谷や張本じゃ面白くない」

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • 甲斐啓二郎●写真 photo by Kai Keijiro

吉村真晴インタビュー(後編)

前編はこちら>>

 1024日に開幕を迎えるTリーグ。開幕戦で木下マイスター東京と激突するT.T彩たまは、チームは国際色豊かで個性的だが、活動も積極的である。埼玉のホテルでファンを集めてパーティーを開き、イベントを多数開催するなど、ファンとの交流を深めている。他チームの動きがなかなか見えないなか、独特のカラーを打ち出している。

岡山リベッツに所属する弟・和弘との対戦について「やりづらい」と苦笑する吉村真晴(まはる)―― T.T彩たまのカラーは?

「僕らのチームは、ファンとの交流会を開いたり、イベントを積極的にやって地域密着型で地元とのつながりを深く持とうとしています。正直、今まで卓球をやってきて、こんなにファンの人と触れ合う機会ってなかったんですよ。その機会をいただいて本当に楽しいですし、埼玉のスポーツに対する熱さを感じますね。埼玉は浦和レッズ、大宮アルデージャ、埼玉ブロンコスなどプロスポーツがあるんですが、応援文化が根付いているというか、すごく団結して応援してくれます。そこでやれるのは幸せですね」

―― イベントが多いですよね。

「めっちゃ楽しいですね。人前に出るのは嫌いなタイプではないんで、ずっと話をしています(笑)。僕はけっこうおばあちゃんに好かれて、『真晴くん、応援してるよ。がんばってね~』って声をかけられると、うれしいですね」

 吉村真晴(まはる)は、そう言って表情を崩す。T.T彩たまが開幕戦で激突する相手は、木下マイスター東京である。相手チームは、張本智和、水谷隼、松平健太ら日本のトップが集う卓球界のレアル・マドリードであり、ヤンキースであり、いわゆる「銀河系最強軍団」である。

―― 開幕戦は木下マイスター東京との対戦です。

「両国国技館という特殊な場所での開幕戦で、多くの方に注目してもらえます。そこでオールスターみたいなチームと戦うことができるので、今の自分が日本代表のトップにどのくらい通用するのか、チームとしてどれだけまとまって戦えるのか、すごく楽しみです。見ている人に卓球っておもしろいなぁーって思ってもらえる試合をしたいですね」