2018.01.21

NFL4強に予想外の3チーム。
今季のスーパーボウルは異変発生か?

  • 永塚和志●取材・文 text by Kaz Nagatsuka
  • photo by AFLO

 対するバイキングスも、開幕時のスターターQBだったサム・ブラッドフォードが故障したことにより、控えのキーナムに出番が回ってきた。

 ただ、こちらはイーグルスとは違い、控えQBが「シンデレラボーイ」へと化けた。先発を任されるやいなやオフェンスの主軸として大活躍し、バイキングスを8年ぶりのNFC第2シードに導いたのである。さらにニューオーリンズ・セインツとのディビジョナル・ラウンドでは敗戦濃厚の雰囲気のなか、残り数秒で逆転のタッチダウンパスを決めてみせたのだ。

 ランディフェンスにおける1試合平均の喪失距離を見ると、イーグルスが1位(79.2ヤード)でバイキングスが2位(83.6ヤード)。ともに相手のランを止めることを得意としているため、ますますパッシングゲームの出来が重要となるだろう。両QBがどれだけバスでオフェンスを支えられるのかに注目だ。

 戦前のオッズはバイキングスが有利。オフェンスの戦術を熟知しているキーナムに分があるのは仕方ないだろう。だが、このチャンピオンシップ・ラウンドの舞台は、降雪など厳しい天候となる可能性も高いフィラデルフィアだ。ドーム球場を本拠地とするキーナムがアウェーのフィラデルフィアでこれまで通りのパフォーマンスができる保証はない。

 いずれにしても、一発勝負のプレーオフは何が起きても不思議ではない。現地2月4日、ミネソタ州ミネアポリスのUSバンク・スタジアムで行なわれる第52回スーパーボウルの舞台に立つのは、どの2チームか。

◆パスより走れ。今季スーパーボウル進出のカギを握る「怪物RB」たち>>>

◆伝説のQBブレイディは超絶ストイック。「寝るときは必ず20.5度」>>>

■その他球技記事一覧>>

関連記事