2018.01.06

パスより走れ。今季スーパーボウル進出の
カギを握る「怪物RB」たち

  • 永塚和志●取材・文 text by Kaz Nagatsuka
  • photo by AFLO

「グラウンドゲーム」が勝敗を分ける――。そんな時代が戻りつつあるようだ。

 元日にレギュラーシーズンが終了し、いよいよNFLは1月6日(日本時間1月7日)から”メインイベント”のプレーオフに突入するのだが、今シーズンは例年とは少し違った傾向が見られる。それは、クォーターバック(QB)を軸とするパスゲーム中心の戦術だけでなく、地上戦――すなわちランゲームでの戦い方が重要視され始めてきたことだ。

プロ1年目でリーディグラッシャーに輝いたチーフスのカリーム・ハント ポストシーズンに駒を進めたチームを見てみると、その多くがランゲームに強みを持っている。着実に相手にダメージを与えられるランオフェンスは、負ければその場で敗退するプレーオフにおいて、より重要度が増すだろう。

 2月4日にミネソタ州ミネアポリスで開催される第52回スーパーボウルに進出するのは、果たしてどのチームか。そこで今回は、プレーオフで注目すべきランニングバック(RB)を紹介したい。

 まずはアメリカン・フットボール・カンファレンス(AFC)。上位2シードを獲得したのは、ニューイングランド・ペイトリオッツ(第1シード/13勝3敗)と、ピッツバーグ・スティーラーズ(第2シード/13勝3敗)だ。ともにポストシーズンの”常連”である。