女子バスケ・山本麻衣が繰り返すフレーズ「迷いなく」 163cmの「小さな巨人」がパリ五輪で光り輝く

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki

「小さな体でどう戦うのか?」

 会見では、そんな趣旨の質問が飛んだ。

 壇上の山本麻衣(24歳)は、ゆっくりとマイクを手に取った。身長163cmは、女子バスケットボールの世界では小柄な部類に入る。180cm台の選手が珍しくない世界だ。

 だから、その答えの予想としては、「俊敏さ」であるとか、「賢さ」であるとか、「思いきりのよさ」であるとか、そんなところが予想されたが、彼女は鮮やかに裏切った。

「自分のプレーでは得点する、というところになりますが......。その前のところでの"体の強さ"ですね。それは武器で、ドライブ(ドリブルでディフェンスを抜いてゴールに向かうプレー)に行った時も、"当たり負けしない"とわかっているので、自信に変えてやっています」

 山本は小兵であることを自覚しながら、強さを追い求めてきたのだろう。ドライブに入る時、乱戦に豪刀を振るって斬り込むような凄みが浮き出る。ドリブルをしながら大きな体を当てられても、強度を保ったまま前進できる。また、ディフェンスでも侵入してくる相手に対し、体を合わせて負けることはない。小柄だが、コートに立つと大きく映る。まるで、"小さな巨人"の矜持だ。

「体が強くなったのは3×3を経験したこと(東京五輪では3×3の女子日本代表として戦い、5位という結果を出している)や、世界と戦うフィジカルを強化してきたこともあると思います」

 彼女はそう言う。その結果、バスケ女子代表として2024年パリオリンピック女子最終予選では大会最優秀選手賞を受賞し、世界のトッププレーヤーになっている。

 山本はパリ五輪でどんな輝きを見せるのか?

7月4日のニュージーランド戦ではチーム最多20得点を挙げた山本麻衣 photo by MATSUO.K/AFLO SPORT 7月4日のニュージーランド戦ではチーム最多20得点を挙げた山本麻衣 photo by MATSUO.K/AFLO SPORT この記事に関連する写真を見る 7月4日、有明アリーナ。ニュージーランド戦、日本は125対57で圧勝し、山本はチーム最多20得点を叩き出している。3Pシュート成功も最多の6本だ。

「私はOQT(オリンピック予選)の時から、2番のポジション(シューティングガード)をやらせてもらっているので、2番である以上、攻めるところは攻めないと。点数だけでなく、点数に絡む動きが重要で。そこは以前よりも自覚を持ってやっています」

1 / 3

プロフィール

  • 小宮良之

    小宮良之 (こみやよしゆき)

    スポーツライター。1972年生まれ、横浜出身。大学卒業後にバルセロナに渡り、スポーツライターに。語学力を駆使して五輪、W杯を現地取材後、06年に帰国。著書は20冊以上で『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など。『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューし、2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を刊行。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る