2021.07.07

川崎ブレイブサンダース・篠山竜青が理想とする『SLAM DUNK』のPGは?「湘北対山王戦直前のあのセリフが好き」

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro

 今年1月に映画化が発表された『SLAM DUNK』。1990年から96年まで週刊少年ジャンプで連載され、今もなお絶大な人気を誇るマンガだ。映画公開日はまだ発表されていないが、映画化決定を記念してバスケットボールと作品を愛する男たち、Bリーガーにあらためて『SLAM DUNK』について語ってもらった。

 第3回は、キャプテンとしてもチームを鼓舞する川崎ブレイブサンダースの篠山竜青選手。

ポイントガードとして言われたいセリフがあるというⒸ井上雄彦 I.T.Planning,Inc.ポイントガードとして言われたいセリフがあるというⒸ井上雄彦 I.T.Planning,Inc. ――『SLAM DUNK』を最初に読んだのはいつですか?

「覚えてないんですよね。田臥(勇太)さんと同学年で、8つ上の兄もバスケをやっていて『SLAM DUNK』が好きだったんです。だから、物心ついた頃には家に単行本があったので、気づけば手に取っていました」

――すぐに『SLAM DUNK』にハマりましたか?

「最初は派手なプレーの絵を見て楽しんでいるくらいで。小学3年からミニバスを始めたんですけど、5年生くらいの時に、もう一度ちゃんと1巻から読んで完全にハマった感じですね。もちろん、その時も流川(楓)や仙道(彰)がカッコいい、沢北(栄治)がスゴイとか、そんな感じでしたけど(笑)。中学生になると、『SLAM DUNK』は神奈川県が舞台の作品なので、"ここがマンガに出てきた会場か!"とか、神奈川で生まれ育った『SLAM DUNK』ファンだからこそ感じられる喜びがありました」

――高校は北陸高校に進学しましたね。実家を離れる時は「SLAM DUNK」を持っていきましたか?

「迷ったんですが、寮に持って行かなかったんです。でもそこは心配無用というか、全巻持ってきているチームメイトが何人かいたので借りればいつでも読めました。悩んだ時、壁にぶつかった時、高校時代も何度も『SLAM DUNK』を読み返しました」