2021.06.22

アルバルク東京・竹内譲次が『SLAM DUNK』で最強キャラと指名。「ドラフトなら最初にピックしたい」選手は?

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro

Bリーガーが語る『SLAM DUNK』愛 
第2回:竹内譲次(アルバルク東京)

■第1回 富樫勇樹>>

 今年1月に映画化が発表された『SLAM DUNK』。1990年から96年まで週刊少年ジャンプで連載され、今もなお絶大な人気を誇るマンガだ。映画公開日はまだ発表されていないが、映画化決定を記念してバスケットボールと作品を愛する男たち、Bリーガーにあらためて『SLAM DUNK』について語ってもらった。

 第2回は、日本代表でもインサイドの要として活躍しているアルバルク東京の竹内譲次選手。

好きなシーンのひとつに湘北・桜木と山王工業の河田兄のマッチアップを挙げた Ⓒ井上雄彦 I.T.Planning,Inc.好きなシーンのひとつに湘北・桜木と山王工業の河田兄のマッチアップを挙げた Ⓒ井上雄彦 I.T.Planning,Inc. この記事に関連する写真を見る ――『SLAM DUNK』を最初に読んだのはいつですか?

「小学生の頃ですね。友達の家で読んだんですけど、1、2巻くらいまで読んでギャグマンガっぽいなと感じて、その時はそれほどハマりませんでした。中学になりバスケを始めて、改めて読む機会があり、そこで一気にハマりましたね」

――好きなシーンを教えてください。

「一番好きだったのが、インターハイ神奈川県予選の決勝リーグ、湘北対海南大付属の土壇場で桜木(花道)が高砂(一馬)をフェイントで抜き、牧(紳一)をぶっ飛ばしてダンクを決めるシーンでした。ただ、最近読み直す機会があったんですけど、好きなシーンが以前とはだいぶ違っていました」

――最近、読み直す機会があったんですね。

「息子が小学4年生になってバスケに興味を持ち始めたので、井上(雄彦)先生が新しく表紙を描き下ろした新装再編版を全巻購入したんです。息子が夢中になって読んでいる隣りで、いつの間にか僕も夢中になって読みふけってしまいました(笑)」

――改めて読み直すと、どのシーンが印象に残りましたか?

「牧を吹っ飛ばしてダンクするシーンは、今読み直してもカッコいいですし、派手なプレーが好きな息子も好きなシーンのひとつです。ただ、改めて読み直すと一見派手なシーンではないのですが、印象に残ったシーンが2つありました。

 ひとつは湘北対山王工業戦。ずっと劣勢だった湘北が桜木の活躍で10点差まで詰め寄った瞬間、山王工業の堂本(五郎)監督が河田(雅史)兄に向かって"桜木につけ!"と指示するシーンです。赤木(剛憲)をもボロボロした最強の選手に、素人である桜木のマークをさせる。桜木がそれだけの価値がある選手だと認められた瞬間です。桜木のこれまでの成長や努力、乗り越えたものなど、そこにたどり着くまでの過程や背景を考えると感動を覚えましたね。何より、桜木自身が赤木すら相手にしなかった河田兄のマークに対し怯むことなく"俺をマークしてやがる...!! この俺を!!"とうれしそうな顔をするのにシビレました」