2020.12.23

大友花恋がウインターカップ応援団長に。選手とリンクした思いとは?

  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)
  • 中軍裕美子●ヘアメイク

 高校バスケの日本一を決めるウインターカップ(全国高等学校バスケットボール選手権大会)が始まった。

 今年は新型コロナウイルスの感染拡大で、多くのスポーツが影響を受けたが、高校バスケも例外ではなかった。毎年開催される3大大会のうち、全日本インカレ 、国体の2大会が中止。選手たちは戦う場所を失った。

熱く盛り上げるべく、ウインターカップの応援団長に選ばれた大友花恋さん そんな状況の中、なんとか開催にこぎつけたのが、3大大会のトリを飾る年末のウインターカップだ。選手たちがここにかける想いは強い。

 その選手たちを応援すべく、女性ファッション誌「Seventeen」の専属モデル5人がオフィシャル応援団を結成。団長に選ばれた女優としても活躍している大友花恋さんに今回は、ウインターカップ応援への意気込みや、スポーツを通して見えた自身のパーソナルな部分についても語ってもらった。

――今回、ウインターカップ の応援団長という大役の話が来た時は最初にどう思いましたか?

 お話をいただいてから、改めていろいろなバスケットボールの映像を見たり、一から勉強させていただきました。ウインターカップという大舞台の応援団長が、私に務まるかなって不安は少しありました。

 でも、セブンティーン読者と同世代の皆さんが、こうやって戦っているんだっていうことを伝える架け橋になれたら、それはとても素敵なことだなと思ったので、今はその役割を担えてとてもうれしく思っています。

――具体的にはどんな活動をするんですか?

 実際に練習場所にお邪魔したり、大会が始まったら現場に行って、それを番組やSNSの生配信などで紹介することが、主な活動です。SNSを駆使して、発信していく予定です。

――すでに出場校の八雲学園の取材にも行っていましたが、いかがでしたか?

 とてもかっこよかったです。生で見る機会が今までなかったので、今回は練習にお邪魔しただけでしたが、ドリブルでコートが震える感じとか、バスケットシューズの「キュッキュッ」って音を聞きながら、選手たちの情熱を改めて感じました。

 こんな熱い思いを持って、何か一つのことに全てを捧げているんだと思うと、なんだかこちらの胸も熱くなる感覚でした。