2018.04.15

NBAプレーオフ、西はついに
ロケッツがウォリアーズに代わり本命に

  • 水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by AFLO

NBAプレーオフ2018・ファーストラウンド展望@ウェスタン編

 NBAプレーオフ2018が幕を開けた。昨季王者の「タレント軍団」ゴールデンステート・ウォリアーズを押しのけ、ウェスタン・カンファレンスのトップシードを手にしたのはヒューストン・ロケッツ。大混戦のファーストラウンドを勝ち抜くのは、どの4チームか?

「NBAプレーオフ2018・ファーストラウンド展望@イースタン編」はこちら>>>

今季、初の得点王に輝いたロケッツのジェームズ・ハーデンヒューストン・ロケッツ(1位/65勝17敗)
vs.
ミネソタ・ティンバーウルブズ(8位/47勝35敗)

 今季のロケッツはリーグ最多の65勝を挙げ、ウェスタンの第1シードを獲得。エースのジェームズ・ハーデン(SG)は1試合平均30.4点をマークし、初の得点王に輝いている。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 ロケッツの武器は、言わずと知れたスリーポイント(3P)シュートだ。昨季もリーグ最多の1試合40.3本の3Pシュートを放っていたが、今季は42.3本とさらに増加。今季2位のブルックリン・ネッツが平均35.7本、3位のトロント・ラプターズが平均33.0本であることからも、いかにロケッツが3Pシュートを多用しているかがわかる。

 この3P主体のオフェンスで、今季のロケッツはゴールデンステート・ウォリアーズ(平均113.5点)に次ぐリーグ2位の1試合平均112.4得点を記録。しかし、強さの源(みなもと)はそれだけではない。リーグ6位となる1試合平均103.9失点の守備力も兼ね備えており、まさにリーグ最多勝にふさわしい優勝候補だ。

 対するティンバーウルブズは第8シードの座をデンバー・ナゲッツと最後まで争い、レギュラーシーズン最終戦で直接対決。延長戦の末に勝利し、14年ぶりにプレーオフ出場を決めている。