2018.04.14

NBAプレーオフ、東は不穏なムード。
キャブス敗退ならレブロン移籍か

  • 水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by AFLO

NBAプレーオフ2018・ファーストラウンド展望@イースタン編

 4月14日(日本時間15日)、NBAプレーオフ2018がついに開幕する。予想外の出来事が多かったレギュラーシーズンと同様に、今年のプレーオフも波乱は必至だ。ファーストラウンドを勝ち抜き、カンファレンス・セミファイナルに駒を進めるのはどのチームか――。まずは4カードすべてで番狂わせの匂いのするイースタン・カンファレンスの見どころをチェックしよう。

今夏にもFAとなる可能性があるレブロン・ジェームズトロント・ラプターズ(1位/59勝23敗)
vs.
ワシントン・ウィザーズ(8位/43勝39敗)

 今季のラプターズは強い。誕生23年目にしてシーズン勝利数で球団最多記録を樹立し、チーム史上初となるカンファレンス第1シードを獲得。辛口コメンテーターで知られるチャールズ・バークレーも、「今季のラプターズは、これまでのラプターズではない。イースタンからNBAファイナルに進出するのはラプターズ」と太鼓判を押す。

 ラプターズ躍進の大きな要因のひとつが、エースのデマー・デローザン(SG)の進化だ。これまではドリブルからの1on1に固執する傾向があったが、過去8シーズンで平均2.8本だったアシストが今季は平均5.2本と急増し、チームのフロアバランスを重視するようになった。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 また、昨季は1試合平均1.7本で成功率26.6%だったスリーポイントシュートが、今季は平均3.6本・成功率31.0%に向上している。チームを勝たせるプレーヤーに変貌を遂げたと言っていいだろう。

 しかし、対戦するウィザーズとの相性はお世辞にもいいとは言えない。レギュラーシーズンの対戦成績はウィザーズのエース、ジョン・ウォール(PG)が全対戦で欠場していたにもかかわらず、2勝2敗の五分だ。

 ウォールは左ひざの内視鏡手術でレギュラーシーズンの多くを欠場し、3月末にようやく復帰。なんとかプレーオフに間に合った形だが、4月5日のクリーブランド・キャバリアーズ戦では28得点・14アシスト、4月10日のボストン・セルティックス戦では29得点・12アシストと、強豪相手に衰え知らずの爆発力を披露している。