2018.04.12

今年は大揺れNBAプレーオフ。
震源は「若き天才2人」の76ersだ

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by Getty Images

 NBAのプレーオフは予定調和の結果に終わることも多いが、今年は波乱の年になるかもしれない。

 過去3年連続でNBAファイナルを戦った、ゴールデンステート・ウォリアーズとクリーブランド・キャバリアーズ(以下、キャブズ)に盤石の強さがなく、ヒューストン・ロケッツやトロント・ラプターズなどの台頭もあって、スリリングな戦いが続きそうなのだ。

 特に、大混戦のイースタン・カンファレンス内で”ダークホース”になりそうなのが、フィラデルフィア・76ersだ。長く続けてきたチームの再建策がようやく実を結び、フレッシュで魅力的なメンバーがフィリーの街に集まってきている。

好調な76ersをけん引してきたベン・シモンズ(左)とジョエル・エンビード(右) 昨季の新人王候補になったジョエル・エンビード、ダリオ・シャリッチに加え、一昨年のドラフト全体1位指名選手のベン・シモンズがNBAデビュー。さらに、昨年のドラフト全体1位で指名されたマーケル・フルツも加わり、76ersは「若きタレント集団」と呼ばれるに相応しいチームになった。

 3月23日のミネソタ・ティンバーウルブズ戦で、76ersのブレット・ブラウンHC(ヘッドコーチ)はプレーオフへの意気込みを次のように述べた。

「シーズン50勝というのは凄い数字で、もちろん辿り着ければ素晴らしい。ただ、それが目標ではない。私たちはとにかくプレーオフ1回戦でのホームコート・アドバンテージ(カンファレンス4位以内)を勝ち取りたいんだ」

「シーズン50勝?」
「プレーオフでのアドバンテージ?」

 過去5年の低迷ぶりが強烈に印象に残っている人は、思わず耳を疑ったかもしれない。

 しかし、順調に勝利を重ねた今季の76ersは、4月11日のアトランタ・ホークス戦まで破竹の15連勝を飾るなど、ブラウンHCが目指していたシーズン50勝を達成。イースタン・カンファレンスの3位で2012年以来となるポストシーズン出場を決め、プレーオフ1回戦のホームコート・アドバンテージも獲得した。