2018.03.19

NBAシード争い。東西2強の足元をすくう
「大穴チーム」はどこか?

  • 水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by Getty Images

 NBAの2017-2018シーズンも残すところ20試合を切った。ポストシーズンに向けた熾烈なシード争いが連日繰り広げられているが、今回はプレーオフに向けて躍進しそうなチームを探ってみよう。

ルーキーながら大車輪の活躍を見せるユタ・ジャズのドノバン・ミッチェル 現地3月17日現在、イースタンは1位のトロント・ラプターズ(52勝17敗)と2位のボストン・セルティックス(47勝22敗)、ウェスタンは1位のヒューストン・ロケッツ(55勝14敗)と2位のゴールデンステート・ウォリアーズ(53勝17敗)が勝率で抜きん出ている。両カンファレンスとも2強が上位に君臨しており、それを多くのチームが追うという状況だ。

 イースタンは3位からプレーオフ圏内の8位までが3.5ゲーム差、ウェスタンは3位から10位までが5.5ゲーム差にいる。よって、チームの順位は日替わりで乱高下するのだ。第2集団を抜け出し、2強を脅(おびや)かすチームはどこなのか――。今後の”伸びしろ”という面から予想してみよう。

 前提として、現在の順位がそのまま各チーム力の差というわけではない。離脱していた主力クラスが次々と復帰間近と報じられており、それによって戦力を急上昇させそうなチームも多いからだ。

 まずはイースタン。レブロン・ジェームズ(SF)を擁するクリーブランド・キャバリアーズ(40勝29敗)は現在3位と伸び悩んでいるが、左手骨折のケビン・ラブ(PF)と右足首を捻挫したトリスタン・トンプソン(C)が間もなく復帰の見込みだ。彼らが加われば、チーム力は大幅にアップするだろう。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 4位のワシントン・ウィザーズ(40勝30敗)も、左ひざを手術したエースのジョン・ウォール(PG)が3月下旬に復帰予定だ。さらに、デトロイト・ピストンズ(9位/30勝39敗)のレジー・ジャクソン(PG)も間もなくコートに戻ってくると言われており、プレーオフ圏内に食い込む可能性は十分にある。