2018.03.16

渡邊雄太、NCAAトーナメント挑戦は
涙で終了。夢の続きはNBAで

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by Getty Images

「なんでこのタイミングなのかと……」

 試合を終えて、渡邊雄太はこらえきれずに涙を流した。

NCAAトーナメントに出場に向け、チームをけん引してきた渡邊だが...... 3月8日、アトランティック-10(A-10)カンファレンス・トーナメント2回戦に臨んだジョージ・ワシントン大学と渡邊。悪夢のアクシデントが起きたのは、セントルイス大に49-51とリードされて迎えた、後半の残り7分45秒のことだった。

 相手パスをスティールした渡邊は、そのままゴールに駆け込んでレイアップに持ち込む。しかし、そこで相手ディフェンダーと接触して倒れこみ、右足首を押さえてうずくまった。

「かなり強くひねって、その瞬間に軽い捻挫ではないことは自分でもわかりました。それでもすぐにテーピング巻き直して、トレーナーにすぐにコートに戻してくれって言ったんです」

 だが、大きく腫れ上がった右足首を見て、チームのスタッフがすんなりと再出場を許すはずがなかった。もう走ることも飛ぶこともできず、カレッジキャリアの終わりを悟り、ベンチ裏で涙を流す渡邊。「最後までプレーを続けたい」という思いが痛いほど伝わってきくる、胸が締めつけられるようなシーンだった。

 この日の渡邊は11得点、3リバウンドだったが、ケガをする直前には美しい弧を描く3ポイントシュートを決めていた。接戦で勝負どころの時間帯を迎え、平均16.3得点を叩き出してきたエースが立ち上がるべき時。今シーズン後半戦に開花した渡邊の得点力を考えれば、まだまだ試合はわからなかったはずだが……。

 エースをまさかのアクシデントで欠いたチームは、反撃の糸口を失った。結局は63-70でセントルイス大に完敗し、ジョージ・ワシントン大=通称”GW”のシーズンはこれで終了。”日本バスケットボール界の期待の星”と呼ばれてきた渡邊のカレッジキャリアも志半ばで終わった。