2017.08.14

絶対王者ウォリアーズ危うし。
アービング&カーメロ移籍で勢力図激変か

  • 水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by Getty Images

 この夏を境に、NBAの勢力図が一変しようとしている――。

 NBAファイナル終了からわずか1週間後、最初に動いたのはインディアナ・ペイサーズ(イースタン7位/42勝40敗)だった。

※各チームの数字は昨季レギュラーシーズン成績。ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

アービング(左)とレブロン(右)のコンビをもう見ることはないのか 現地6月19日、主力のポール・ジョージ(SF)が「2018年夏にFAとしてペイサーズを去る」とチームに伝達。その意向を受けて、何の見返りもなしにオールスター選手を失うことを避けたいペイサーズは、急遽トレード先を探した。

 FAとなる来夏、ジョージは地元ロサンゼルス・レイカーズでのプレーを希望していると噂されている。よって、今夏にジョージを獲得してもわずか1年でチームを去ってしまう可能性があり、このトレードにはリスクを伴う。それでも、オクラホマシティ・サンダー(ウェスタン6位/47勝35敗)が手を挙げ、ビクター・オラディポ(SG)、ドマンタス・サボニス(PF)との交換でジョージを獲得した。

 このトレードの結果、2016-2017シーズンMVPのラッセル・ウェストブルック(PG)とジョージとの「スーパーデュオ」が完成。今季のサンダーの攻撃力アップは疑う余地がなく、ウェスタンにまたひとつ要注目なチームが誕生することになった。