2017.08.28

ロケッツにすべてを賭けるクリス・ポール。
「3度目の正直」なるか?

  • 宮地陽子●取材・文 text by Miyaji Yoko
  • photo by Getty Images

「It is what it is」

 この6年間、ロサンゼルスでクリッパーズの試合を取材している間に、数えきれないほど聞いたクリス・ポールの口癖だ。

ジェームズ・ハーデン(左)とコンビを組むことになったクリス・ポール(右) 日本語に訳すと、「それが現実さ」――。それだけ聞くと、どこか投げやりに思えるかもしれないが、むしろ、そう繰り返し言うことで自分自身に言い聞かせているようだった。誰よりも負けず嫌いの彼が、自分の思うようにいかない現実と折り合いをつけるために覚えた表現だったのかもしれない。

 実際、ポールの性分的に「現実を受け入れるだけ」ということはできなかった。何しろ、「サイズが小さいからできない」と言われるのが嫌で、その悔しさを原動力にNBAまで到達した選手なのだ。

 そう考えると、クリッパーズに加わって6年経ったこの夏、ポールがヒューストン・ロケッツへの移籍を決めたのも理解できる。思い返せば、その前に所属していたニューオリンズ・ホーネッツ(現ペリカンズ)を離れることにしたのも、6シーズン目が終わったときだった。

 6年間、できる限りのことをやり尽くしたからこそ、変化が必要なことを感じ取っていたのだろう。事実、昨季のクリッパーズは補強面でも、戦力の熟成面でも行き詰まった空気が漂っていた。チームとしても、何らかの変化が必要だった。