2016.05.16

【男子バスケ】八村塁、ゴンザガ大目指しての渡米を支えた母校と猛勉強

  • 小永吉陽子●取材・文・写真 text&photo by Konagayoshi Yoko

 この春に明成高を卒業した八村塁(はちむら るい)が日本バスケットボール界の大きな期待を乗せて渡米した。NCAA(全米体育協会)ディビジョン1のゴンザガ大入学を前提に、大学内のESL(English Second Language=第二言語としての英語を学ぶ学校)に3カ月間通うためだ。9月の入学を見据えた渡米で、ESLで成績を上げることによって入学が確定する。

今後の日本代表でも活躍が期待される八村塁 202㎝、105㎏。ベナン人の父から譲り受けた身体能力を持ち、しなやかさと状況判断に優れたクレバーなプレーで、高校2年生で出場したU-17世界選手権では得点王に輝いた。NCAAディビジョン1の強豪校からスカラシップ(奨学金)選手として多数の勧誘が舞い込んだことからも、期待の大きさは計り知れない。そんな八村が進学先に選んだのは、今春のNCAAトーナメントでベスト16、昨季はベスト8入りをした強豪、ゴンザガ大だ。

 八村は将来の目標を聞かれると「NBAでプレーすること、東京オリンピックで活躍すること」を口にしており、目標実現のためには「NCAAでプレーすることがいちばん近くて、いちばんいい道」と意志は固いが、渡米が決まるまでは決して簡単な道のりとは言えなかった。NCAAでプレーするには、高校の評定平均(GPA)と大学進学適性テスト(SAT)の総合評価がNCAAの基準を満たし、最終的には大学が設ける基準をクリアしなければならない。