2015.10.08

【男子バスケ】NBLラストシーズン開幕。田臥勇太のライバルは?

  • 水野光博●構成・文 text by Mizuno Mitsuhiro  photo by AFLO

 10月9日、いよいよNBL(ナショナル・バスケットボール・リーグ)最後のシーズンが幕を開ける。

 今シーズンのNBLは計12チーム(※)の5回戦総当たり戦で行なわれ、1チームあたり55試合のレギュラーシーズンを終えたあと、来年5月から上位チームによるプレーオフが始まる。NBLは今シーズンで終了し、来シーズンからは「Bリーグ」として新たに幕を開ける。NBLの歴史に「最後の王者」として名前を刻むのは、はたしてどのチームか? シーズンの展望とともに、要注目の選手を紹介しよう。

※12チーム=レバンガ北海道、サイバーダインつくばロボッツ、リンク栃木ブレックス、千葉ジェッツ、日立サンロッカーズ東京、トヨタ自動車アルバルク東京、東芝ブレイブサンダース神奈川、アイシンシーホース三河、三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋、西宮ストークス、広島ドラゴンフライズ、熊本ヴォルターズ。

昨シーズンのオールスターでも冴えわたるパスを披露した田臥勇太 まず、まっさきに名を挙げるべきは、リンク栃木ブレックスに所属する「Mr.バスケット」こと田臥勇太(PG)だろう。現在2シーズン連続でリーグアシスト王とベスト5に輝くなど、34歳となった今でも、その輝きはあせない。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 もし、「まだ田臥なの?」と思った読者がいるのなら、ぜひ会場に足を運んで、そのプレーを生で見てほしい。日本代表でも活躍したシューター古川孝敏(SF)や、入り出したら止まらない渡邉裕規(SG)へ、田臥から得点に直結するパスが繰り出されることは相手チームの誰もが知っている。それでも止められないのは、ディフェンスの想像を超える圧倒的な閃(ひらめ)きを、田臥が持っているからに他ならない。きっとその目で見れば、田臥のノールックパスだけでチケット代の価値はあると思えるはずだ。