2015.04.19

【NBA】プレイオフ初戦で強豪激突。ウェストは大荒れの予感

  • 水野光博●構成・文 text by Mizuno Mitsuhiro  photo by AFLO

【NBAプレイオフ2015・ファーストラウンド展望@ウェスト編】

 プレイオフに駒を進めた8チームのうち、7チームがレギュラーシーズン50勝以上という、今季もハイレベルな戦いを見せたウェスタン・カンファレンス。もちろん、これからのプレイオフでも激しさは確実に増すはずだ。現地4月18日に幕を開けたプレイオフ・ファーストラウンドを、さっそく展望してみよう。

「ファーストラウンド展望@イースト編」はこちら>>>

スパーズのクワイ・レナード(左)とクリッパーズのブレイク・グリフィン(右)の再戦は必見 プレイオフに進出した8チームは、第1シードから順に、ゴールデンステート・ウォリアーズ(67勝15敗)、ヒューストン・ロケッツ(56勝26敗)、ロサンゼルス・クリッパーズ(56勝26敗)、ポートランド・トレイルブレイザーズ(51勝31敗)、メンフィス・グリズリーズ(55勝27敗)、サンアントニオ・スパーズ(55勝27敗)、ダラス・マーベリックス(50勝32敗)、ニューオーリンズ・ペリカンズ(45勝37敗)だ。

[ファーストラウンド対戦カード]
ゴールデンステート・ウォリアーズ(1位)対ニューオーリンズ・ペリカンズ(8位)
ヒューストン・ロケッツ(2位)対ダラス・マーベリックス(7位)
ロサンゼルス・クリッパーズ(3位)対サンアントニオ・スパーズ(6位)
ポートランド・トレイルブレイザーズ(4位)対メンフィス・グリズリーズ(5位)

 第1シードは、今季リーグ最高勝率(.817)をマークしたウォリアーズ。それに続くは、シーズン56勝で並んだロケッツとクリッパーズだ。ただし、ロケッツはサウスウェスト・ディビジョンの首位で、対するクリッパーズはウォリアーズに次ぐパシフィック・ディビジョンの2位。その結果、ルールに沿って第2シードはロケッツ、そして第3シードがクリッパーズとなった。