2015.04.18

【NBA】プレイオフ開幕。大本命キャブス、唯一の不安要素

  • 水野光博●構成・文 text by Mizuno Mitsuhiro  photo by AFLO

【NBAプレイオフ2015・ファーストラウンド展望@イースト編】

 昨年10月末から始まったNBAレギュラーシーズン82試合が終了し、プレイオフに駒を進めるチームがついに出揃った。まずは、イースタン・カンファレンスの覇権の行方を占ってみたい。

キャブスを牽引するケビン・ラブ(左)、レブロン・ジェームズ(中央)、カイリー・アービング(右) プレイオフに進出したのは、第1シードから順に、アトランタ・ホークス(60勝22敗)、クリーブランド・キャバリアーズ(53勝29敗)、シカゴ・ブルズ(50勝32敗)、トロント・ラプターズ(49勝33敗)、ワシントン・ウィザーズ(46勝36敗)、ミルウォーキー・バックス(41勝41敗)、ボストン・セルティックス(40勝42敗)、ブルックリン・ネッツ(38勝44敗)の8チームだ。

[ファーストラウンド対戦カード]
アトランタ・ホークス(1位)対ブルックリン・ネッツ(8位)
クリーブランド・キャブス(2位)対ボストン・セルティックス(7位)
シカゴ・ブルズ(3位)対ミルウォーキー・バックス(6位)
トロント・ラプターズ(4位)対ワシントン・ウィザーズ(5位)

 当然、シード順位が高いチームほど、カンファレンス王者となる可能性も高いと想像できる。しかし、ブックメーカーの『ウィリアムヒル』は、イースタン・カンファレンスの優勝チームのオッズを、以下のようにつけている。

クリーブランド・キャブス=1.73
アトランタ・ホークス=4.00
シカゴ・ブルズ=6.50
トロント・ラプターズ=15.00
ワシントン・ウィザーズ=21.00
ミルウォーキー・バックス=81.00
ボストン・セルティックス=81.00
ブルックリン・ネッツ=81.00