2015.03.18

スラムダンク奨学生・村上駿斗「日本人で一番うまくなりたい」

  • 宮地陽子●取材・文・写真 text & photo by Miyaji Yoko

 2014年4月、スラムダンク奨学制度(※)によってアメリカへと渡り、バスケットボール漬けの毎日を過ごしているスラムダンク奨学金7期生の村上駿斗(むらかみ・しゅんと)。言葉が通じない環境の中で、彼が手にしたモノとはいったい何なのか。コネチカット州サウスケントで生活している村上に、今の心境を聞いた。

(※)スラムダンク奨学制度=漫画『スラムダンク』の作家・井上雄彦氏が、「バスケットボールに恩返しがしたい」との想いで設立されたプロジェクト。奨学生をプレップスクール(大学に進学するまでの私立学校)に派遣し、14ヵ月間、勉強とバスケットボールのできる環境を提供している。スラムダンク奨学金ホームページ→http://slamdunk-sc.shueisha.co.jp/

シーズン後半にはスターターに選ばれるようになった村上駿斗スラムダンク奨学金7期生・村上駿斗インタビュー@後編
インタビュー前編はこちら>>>

――英語はアメリカに来る前から得意でしたか?

村上駿斗(以下:村上) 正直、アメリカに来るまで、「いける!」と思っていたんですけど、最初に来たとき、まったくしゃべれなくて……。ぜんぜん聞き取れなくて、かなり落ち込みました。それでも、英単語は高校のときから覚えていたので、徐々に聞き取れるようになって上達しました。そして昨年夏の3ヵ月間(サウスケント・スクールの夏休み期間)、IMGアカデミーに行ったとき、これまでの人生にないぐらい英語の勉強をしたんです。毎日10時間ぐらい。そこでかなり変わりましたね。単語もかなり覚えたので、TOEFLでもだいぶ点数を上げることができました。