2015.02.13

【NBA】ダンク&3Pコンテスト、「新たな伝説」誕生の予感

  • 水野光博●構成・文 text by Mizuno Mitsuhiro  photo by Getty Images

 今年も、特別な週末がやってきた――。「NBAオールスターウィークエンド(現地2月13日~2月15日)」。そのフレーズを耳にするだけで、胸が高鳴ってくる。近年のオールスターウィークエンドは、スキルチャレンジ(※)やライジングスターズチャレンジ(※)など、昔と比べると開催されるイベントが増えた。それでも、2月15日(日本時間16日10時30分~)に行なわれるオールスターゲームと同じくらい、2月14日(日本時間15日午前中)に開催されるスラムダンクコンテストとスリーポイント(3P)シュートコンテストの両コンテストに、格別の想いを抱く読者も多いのではないだろうか。

※スキルチャレンジ=障害物の間をドリブルで駆け抜けながら、スピードやパスの精度を競い合うゲーム。
※ライジングスターズチャレンジ=1年目の選手と2年目の選手の混合チームが戦い合うゲーム。

豪快なダンクが魅力のザック・ラビーン(ミネソタ・ティンバーウルブズ) スラムダンクコンテスト――。その言葉を聞いて、何年の、誰のダンクを思い浮かべるだろう?

 1987年と1988年、フリースローラインから跳んだマイケル・ジョーダン(当時シカゴ・ブルズ/SG)の「レーンアップ」の衝撃は、今も色あせない。同じ年なら、ジェローム・カーシー(当時ポートランド・トレイルブレイザーズ/SF)や、「クライド・ザ・グライド」ことクライド・ドレクスラー(当時トレイルブレイザーズ/SG)、そしてドミニク・ウィルキンス(当時アトランタ・ホークス/SF)のパワフルなダンクが印象に残っているファンも多いはずだ。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。