2012.04.29

【NBA】サンダーは新時代を作ることができるか!?

  • 佐古賢一●解説 analysis by Sako Kenichi
  • 高須 力●撮影 photo by Takasu TsutomuPhoto by AFLO

デュラント(左)とウェストブルック(右)がNBAの新時代を切り開く?NBAプレイオフ2012展望
【ウェスタン・カンファレンス編】

 ウェスト(ウェスタン・カンファレンス)では、サンアントニオ・スパーズが第1シードとなりました。レギュラーシーズンの戦いを見ていて、改めて「地力のあるチームは強いな」と感じましたね。ベテランを多く抱えながらも、今シーズンのハードなスケジュールのなか、よくここまで結果を残せたなと。やはり、左手骨折で長期離脱していたエマニュエル・ジノビリの復帰が、何よりも大きかったと思います。彼が復帰したおかげで、ジノビリとトニー・パーカーとのセットが、今、相当いい動きを見せているんですよ。

 スパーズの強さの源は、ジノビリとパーカー、ふたりのガードにあると思います。身体能力の高い選手は総じて、リングに対して直線的に動くのですが、このふたりはゴール下で、円を描くように動き回ることもできるんです。ディフェンス側からすると、直線的に攻めて来る選手は、あまり動かなくていいので比較的守りやすい。しかし、円を描くような動き方をされると、ディフェンスは惑わされて一気にバランスを崩してしまうんです。するとそこに隙が生まれ、リングを狙われてしまいます。相手をかき回すジノビリとパーカーがいることで、スパーズの得点バリエーションは飛躍的に増えました。これが今シーズン、スパーズ最大の武器になっていると思います。

 ただ昨年、第1シードだったスパーズは、第8シードのメンフィス・グリズリーズに敗れてしまいましたよね。第8シードのチームが第1シードを倒したケースは、過去の歴史でも4回しかありません。「まさか」とは思うのですが、『スパーズの第1シード』というのは、ちょっと怖いですね(笑)。今年対戦するユタ・ジャズも、決して油断できない相手ですから。