2012.04.28

【NBA】リーグトップでプレイオフに挑むブルズに黄信号?

  • 佐古賢一●解説 analysis by Sako Kenichi
  • 高須 力●撮影 photo by Takasu TsutomuPhoto by AFLO

昨季MVPデリック・ローズが機能しなければ、ブルズのプレイオフは危ない NBAプレイオフ2012展望
【イースタン・カンファレンス編】

 いよいよプレイオフが始まりますが、イースト(イースタン・カンファレンス)で個人的に気になっているチームは、第4シードのボストン・セルティックスです。なんと言ってもオールスター後のレイジョン・ロンドが、相当いいんですよ。今シーズンで見納めになるかもしれないセルティックスのビッグ3(ケビン・ガーネット、ポール・ピアース、レイ・アレン)を、司令塔のロンドがうまくコントロールしているんです。いまやロンドがいないと、セルティックスのビッグ3は機能しないのではないでしょうか。

 今シーズンはロックアウトの影響で日程的にキツく、ベテランの多いセルティックスには厳しいかと思いました。しかし、ロンドのフル回転の活躍のおかげで、再びファイナル候補に舞い戻ったと思います。今、最も抑え切れない選手は、絶好調時のロンドでしょう。プレイオフではぜひ、ロンドの活躍に注目してください。

 一方、イーストで唯一、シーズン50勝を挙げて第1シードとなったシカゴ・ブルズですが、実はちょっと心配しています。というのも、昨季MVPのデリック・ローズがケガから復帰しましたが、それによりチームを再構成せねばならず、プレイオフ序盤でローズが加わったパターンを試さないといけないからです。もし、そんな様子見の状態でゲームを取りこぼすとなると、チームの士気は一気に下がるでしょう。

 ローズ不在でもブルズは勝っていたので、他の選手からすれば「ローズがいなくても俺たちは勝てる」という意識もあるはずです。さらに復帰後、ローズがキャリアロー(2得点)を記録したのも、ブルズにとっては不安材料のひとつ。ローズ中心のゲームで負けてしまえば、他の選手とヘッドコーチとの確執も生まれやすいでしょう。ファーストラウンドを無事に乗り切れば、波に乗れると思うのですが......。