角田裕毅「雨のおかげで」4戦ぶりの入賞 次のハンガリーGPは得意の低速域で反撃のチャンス

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

「P10? P9? どっちにしても、この入賞はうれしいよ。みんなありがとう」

 雨まじりの難しい第12戦イギリスGP決勝を10位で終えて、角田裕毅は5月の第8戦モナコGP以来となる入賞に安堵の声を上げた。

「厳しいレースだったけど、本当によくやった。誇りに思うよ」

 無線で冷静にそう返すレースエンジニアのマッティア・スピニに、「うれしくないの?」と聞き返す角田。「これが僕の最大限の喜び表現なんだよ」と、いつもどおりの落ち着いた声色で話すスピニに、「ハハハ、つまんないヤツ!」と言って笑い合う。

 苦しかった3連戦が終わって、ようやくそんなことが言える雰囲気が戻ってきた。

モナコGP以来の入賞を果たした角田裕毅 photo by BOOZYモナコGP以来の入賞を果たした角田裕毅 photo by BOOZYこの記事に関連する写真を見る「もちろん、素直にうれしいです。フリー走行のペースを見れば、今日は入賞できるとは思っていなかったので、なおさらです。

(シャルル・)ルクレール(フェラーリ)が後ろにいった幸運もありましたし、最終スティントの前半はウイリアムズ(アレクサンダー・アルボン)とバトルをして、彼らはとても速かったんですけど、ポイントが獲れてよかったです」

 予選ではハースとウイリアムズがQ3に進出し、RBの2台はQ2で敗退した。

 単純にそれが、今のマシンの最大限の力だった。

 200km/hを超える高速コーナーが連続するシルバーストンでは、VCARB 01の弱点が如実に表われてしまった。

「4輪がグリップ不足で滑るという感じです。特に高速コーナーが弱点になっていることは、上位勢や中団上位勢のオンボードカメラの映像を見ても明らか。つまり、ダウンフォースと空力効率が劣っているということです」

 予選を13位で終えたあとにそう語っていた角田は、決勝でウイリアムズのアルボンと間近で戦ってみて、驚いたという。

「ウイリアムズと一緒に走ってみて、ターン15でどれだけダウンフォースレベルが違うかということに驚きました。彼は僕の後ろを走っているのに、高速コーナーで(マシンがスライドして)タイヤをオーバーヒートさせるような様子がなかった。高速コーナーであれだけ大きな性能差があったことには驚きましたし、今後に向けて大きく改善する必要があると痛感しました」

1 / 4

プロフィール

  • 米家峰起

    米家峰起 (よねや・みねおき)

    F1解説者。 1981年1月31日生まれ、兵庫県出身。F1雑誌の編集者からフリーランスとなり2009年にF1全戦取材を開始、F1取材歴14年。各種媒体に執筆、フジテレビNEXTやYouTube『F1LIFE channel』での解説を務める。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る