角田裕毅はレッドブル昇格消滅も冷静「F1界は何が起こるかわからない」 ペレス残留を後悔させる走りに期待

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

 第9戦カナダGPを前にレッドブルがセルジオ・ペレスとの契約延長を発表し、角田裕毅のレッドブル昇格の可能性はなくなった。

 だが、本人は特に気にすることもなく、日曜にモントリオール入りして友人たちと過ごし、ヨーロッパとの間にある6時間の時差に身体を慣らしてきた。

 F1は契約があったとしても、実力がすべての世界だ。2025年を迎えるまででさえ、まだ16戦も残されているのだ。

 今週末のカナダGPも、前戦モナコGPと同じように自分の実力を出しきり、さらに成長し、自らの価値を証明し続けるべく臨むだけだと、角田は言った。

角田裕毅のカナダGPでの走りに他チームも注目 photo by BOOZY角田裕毅のカナダGPでの走りに他チームも注目 photo by BOOZYこの記事に関連する写真を見る「特に何も思っていないですね。来年の契約が更新されることは発表される前から知っていたので、驚きではありませんでした。彼らが2年延長したことにハッピーだと言えば嘘になりますけど、仕方がないことですし、僕としては自分がやるべきことに集中して努力し続けるしかないと思っています。

『2年』と言っても、F1界では実際にそのとおりになるかどうか何が起こるかはわかりませんし、僕は自分の仕事に集中して、彼らを納得させられるようなパフォーマンスが出せればと思います」

 レッドブルが望むのなら、2026年またぎでこのチームに留まり、実力を証明し続け、ペレスの契約満了を待たずしてそのシートを奪い取るチャンスをうかがう。レッドブルにそのつもりがないなら、角田の実力を評価し興味を示してくれているチームへ行く。その選択肢が角田にはあるだけの実力が備わっており、あとはレッドブル次第だ。

「ほかのチームも僕に興味を持ってくれていて、いくつか選択肢があるというのはこれまでと違うところです。でも、僕としてはレッドブルファミリーの一員であることが第一ですし、彼らが放出しないかぎりは次のステップには進みません。今のところはレッドブルと交渉を続けていますし、それがどうなるかですね」

1 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る