角田裕毅が最適の戦略で7位にジャンプアップも濡れた芝上でまさかのスピン 今季初の「ミスらしいミス」も次戦への糧に

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

「僕のミスです。それだけです」

 F1第9戦カナダGP決勝を14位で終えた角田裕毅は、言い訳もせず、手短に、そう言いきった。

 激しい雨が打ちつけるなか、8番グリッドからスタートしたものの、水溜まりに足もとをすくわれて10位に後退。それでも中団グループの集団のなかで淡々と走り、雨が上がって徐々に路面が乾いていく状況のなか、タイヤマネージメントに徹していた。

角田裕毅は8番グリッドからスタートしたが... photo by BOOZY角田裕毅は8番グリッドからスタートしたが... photo by BOOZYこの記事に関連する写真を見る 天気予報は、30周目あたりにもう一度雨が降ってくる、と伝えている。

 誰もがそれを知っているから、それまでにスリックタイヤには換えたくない。乾き始めた路面では、温まりやすく柔らかいインターミディエイト(浅溝)タイヤはあっという間に磨耗が進んでダメになってしまう。それをなんとか30周保たせるために、負荷をかけないよう労わって走っていた。

 25周目、雨雲が到来して空が暗くなってきた矢先に、ローガン・サージェント(ウイリアムズ)がクラッシュ。セーフティカーが導入されると、ここぞとばかりにほぼ全車がピットに駆け込み、新品のインターミディエイトタイヤに交換した。

 そんななか、角田はコース上に留まり、7位にポジションを上げた。そしてレースが再開され、ニュータイヤのライバルたちと同等の走りを続けた。

 雨で濡れた路面はあっという間に乾き、40周目には各所がドライ状態に。

 角田は44周目までタイヤを保たせ、完璧なタイミングでドライタイヤに交換して7位に浮上するという走りを見せつけた。チームの戦略もうまかったが、角田がこれだけタイヤを保たせたからこそ、その戦略は成功した。チームとドライバーが一体になってこその結果だった。

「天候は自分たちでコントロールできないですけど、それを念頭に置いて十分(チームに対してコンディション情報を)フィードバックしながら、その時々のコンディションにアジャストしていくしかないですね」

 予選を終えたあと、角田はこう語っていた。その言葉どおりにチームと密に状況をやりとりしながら、最適な戦略を見つけ出したのだ。

1 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る