トヨタのスーパーGT連覇のカギは「アレジの息子」 泣かず飛ばずのどん底を乗り越えてついに才能が開花!

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro

 4月に開幕を迎えた2024年のスーパーGTシリーズ。トヨタ・日産・ホンダの国内3メーカーの参戦するGT500クラスは、今シーズンも三つ巴の様相を呈している。

 ライバルとの僅差の争いから抜き出るため、3メーカーは今季もマシン開発に余念がない。ホンダはシビックTYPE R-GTを新たに投入してリベンジを誓い、日産勢はZをベースにした車両の空力パーツを改良して王座奪還に燃えている。

 そんななか、前半3戦が終了してランキングで一歩リードしているのがトヨタ陣営だ。

ジュリアーノ・アレジがスーパーGT初優勝 photo by Yoshida Shigenobuジュリアーノ・アレジがスーパーGT初優勝 photo by Yoshida Shigenobuこの記事に関連する写真を見る 昨年のチャンピオンチームau TOM'S GR Supra(ナンバー36・坪井翔/山下健太)が好調で、第1戦・岡山でポール・トゥ・ウィンを果たすと、第2戦・富士で4位、第3戦・鈴鹿でも5位入賞を果たした。

 スーパーGTでは成績に応じて車体に重りが積まれる「サクセスウェイト」というルールがあり、36号車はライバルと比べるとかなり重いウェイトを背負っている。しかしそれでも、着実に追い上げて上位入賞を続けるという驚異の強さを見せている。

 その36号車の強さが輝く一方、影を潜める存在となっていたのが、同じTOM'Sが手がけるDeloitte TOM'S GR Supra(ナンバー37・笹原右京/ジュリアーノ・アレジ)だ。

 かつては平川亮/ニック・キャシディが2017年にチャンピオンを獲得するなど、常にランキング上位で争ってきた37号車。しかし2022年にサッシャ・フェネストラズ/宮田莉朋が第4戦・富士を制して以降、勝利から遠ざかっていた。

 2023年からは再起を図るべく、マシンのカラーリングを一新。ドライバーもホンダから移籍してきた笹原右京と、若手のフランス人ジュリアーノ・アレジに変更した。ジュリアーノはジャン・アレジの息子として、デビュー当初から常に世間の視線を集めるドライバーだ。

1 / 4

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る