亡き監督に捧げる待望のポールトゥウィン...スーパーGTに日産のエースナンバー「23番」が帰ってきた

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 2023シーズンのスーパーGTが4月15日・16日、岡山国際サーキットで開幕を迎えた。昨年のGT500クラス王者は日産。全チームともドライバーの変更はなく、今年も新型Zを4台投入してメーカー連覇を狙う。

 もちろん、ライバル勢も黙ってはいない。5台体制で臨むホンダは、名門チームARTAとTEAM MUGENがタッグを結成。ドライバー体制も一部変更し、現在最強の布陣を組んできた。

 一方のトヨタは、6台のGRスープラで参戦。エース格の坪井翔と宮田莉朋がau TOM'S GR Supra(ナンバー36)でコンビを組むほか、昨年までホンダで活躍した笹原右京がDeloitte TOM'S GR Supra(ナンバー37)に移籍してくるなど、陣営の体制にテコ入れを施してきた。

松田次生(左)と抱き合うロニー・クインタレッリ松田次生(左)と抱き合うロニー・クインタレッリこの記事に関連する写真を見る 2023年スーパーGTシリーズの変更点としては、環境に配慮した取り組みを本格化した点が大きい。従来のハイオクガソリンではなく、今シーズンから化石燃料を一切使用していないハルターマン・カーレス社(ドイツ)製のカーボンニュートラル燃料の導入を、GT500クラス全車に義務づけている。この新しい燃料をどう使いこなすかも、各陣営の課題となるだろう。

 新シーズンの開幕前まで圧倒的な速さを見せていたのは、NSX-GTラストイヤーとなるホンダ勢だった。シーズンオフのテストでは好タイムを連発し、ライバル陣営から「今年のホンダは速すぎる」と本音が漏れていたほどだ。

 しかし、雨模様となった開幕戦・岡山で勢いがあったのは、昨年王者の日産勢だった。特に目を引いたのは、ナンバー23のMOTUL AUTECH Z(松田次生/ロニー・クインタレッリ)と、ナンバー3のNiterra MOTUL Z(千代勝正/高星明誠)だ。

 両マシンはともに、雨のコンディションで抜群の強さを誇るミシュランタイヤ。今季も雨との相性がよく、予選のトップ争いはこの2台の独壇場となった。

1 / 4

プロフィール

  • 吉田知弘

    吉田知弘 (よした・ともひろ)

    モータースポーツジャーナリスト。1984年12月19日生まれ、石川県出身。2011年よりスーパーGT、スーパーフォーミュラなど国内4輪レースを中心に取材。専門誌やweb媒体などで執筆中。日本モータースポーツ記者会所属。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る