2022.06.11

角田裕毅は来季レッドブル昇格見送りも「特に気にしていない」。アルファタウリ得意の旧市街地コースでアピールできるか

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 アゼルバイジャンGPはアルファタウリと角田裕毅にとって、シーズンのなかで最も期待値の高いレースのひとつだ。

 昨年はピエール・ガスリーが波乱のレースで3位表彰台を獲得したのもさることながら、予選でも4位に入る実力があった。角田もトウがうまく使えずクラッシュを喫したにもかかわらず予選8位。決勝でも最後のリスタートまでは6位を維持していた(結果7位)。

好調の角田裕毅はバクーで入賞を狙っている好調の角田裕毅はバクーで入賞を狙っている この記事に関連する写真を見る  AT03はまだ空力性能不足、つまりダウンフォース不足という課題を抱えている。しかしながら、メカニカル性能は優れていて、低速域では速さを見せる。

 前戦モナコGPではコースインのタイミングを誤って予選結果が後方に沈み、決勝でも戦略のまずさもあって浮上できなかった。だが、FP3でガスリーが5番手タイムを記録していたことからもわかるとおり、AT03はモナコで高いポテンシャルを示していた。

 アゼルバイジャンGPの舞台バクー・シティ・サーキットは、モナコとはやや特性の異なるレイアウトだ。とはいえ、すべてのコーナーが85〜115km/hの中低速90度コーナーで、それらをつなぐ2本の長いストレートでもAT03は速さを見せるはずだ。

 角田は今週末のアゼルバイジャンGPに大きな期待を持って臨んでいる。

「去年のようなクレイジーなレースもいいですけど、あまりそういう展開は期待していません。去年のパフォーマンスからすると、バクーではほかのレースよりも自信を持って臨むことができています。去年のベストパフォーマンスのひとつでしたから。

 ピエール(ガスリー)が3位で、僕が7位。去年のあの時点では、F1に来てからベストの結果でした。今年はモナコも悪くなかったですし、FP1からFP3にかけて安定してパフォーマンスを上げていけたと思います。今回もいいパフォーマンスを発揮して、2台揃ってポイントが獲れればと思っています」