2021.10.19

スバルが強いのはWRCだけじゃない。スーパーGTで初の年間王者なるか

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 モータースポーツの世界で『スバル』と聞くと、WRC(世界ラリー選手権)での活躍を連想する人も少なくないだろう。

 1990年代半ばにスバル・インプレッサで大活躍し、1995年から1997年まで3年連続でマニュファクチャラーズチャンピオンを獲得。2001年にはリチャード・バーンズ、2003年にはペター・ソルベルグがドライバーズタイトルを手にした。

今季のGT300クラスで快進撃を見せるスバルBRZ今季のGT300クラスで快進撃を見せるスバルBRZ この記事に関連する写真を見る  そのWRCでの活動は、2008年いっぱいでワークス参戦終了となった。だが、現在もスバルのクルマは国内外のラリーやサーキットレースで活躍を見せている。そのなかで今シーズン、特に注目が集まっているのが、スーパーGTのGT300クラスに参戦するSUBARU BRZ R&D SPORT(ナンバー61)だ。

 スーパーGTの前身である全日本GT選手権の頃から、スバルのマシンはGT300クラスで活躍している。マシンはインプレッサやレガシィB4といった、当時のスバルを代表する車両がベースだった。

 2012年、R&D SPORTは参戦車両をBRZに変更し、2014年には井口卓人、2015年には山内英輝と勢いに乗る若手ドライバーを獲得。シリーズチャンピオン獲得を目標に果敢に攻めていった。

 しかし、優勝や表彰台を獲得するレースもあったが、トラブルに見舞われることも少なくなく、チャンピオン争いに絡めないシーズンが続いた。力強い意気込みとは対照的に、結果を残せず悔しい表情でサーキットをあとにするドライバーの姿を何度も見てきた。

 そんななかで迎えた2021シーズン。スバルは今年フルモデルチェンジされた新型のBRZをベースに、新しいマシンを開発した。

外観は市販の新型BRZを連想させるものだが、昨年までのものとは明らかに違う。中身に関しては今までのレースで蓄積したものをすべて盛り込んだ。2015年からパートナーを組んでいるダンロップとのタイヤ開発も着実に進め、開幕前のテストからライバルが警戒するような走りを見せた。