2021.03.26

中野信治がF1開幕前のテストで興味深く見た「上位2チームの方向性」

  • 川原田剛●文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 桜井淳雄(マシン)、村上庄吾(人物)●撮影 photo by Sakurai Atsuo, Murakami Shogo

中野信治インタビュー中編
F1 2021シーズン勢力図分析

史上最多の全23戦が予定されているF1世界選手権の2021年シーズンが今週末、中東のバーレーンGPを皮切りにスタート。そこでスポルティーバでは、DAZN(ダゾーン)でF1解説を務める元F1ドライバーの中野信治氏にインタビュー。3回にわたって、21年シーズンの見どころを聞く。前編は今季の勢力図について語ってもらった。


8連覇を目指すメルセデス。テストではミスが見られた8連覇を目指すメルセデス。テストではミスが見られた  開幕前にバーレーンでプレシーズンテストが3日間開催されました。F1はもちろんですが、国内のスーパーGTやスーパーフォーミュラでもテストでは手の内を隠すためにエンジンのパワー調整をします。しかも各チームはどれくらい燃料を搭載しているのかがわかりませんので、開幕戦の予選のQ3が終わるまでははっきりした勢力図は見えてきません。

 それでも王者メルセデスは、テストでのクルマの動きがそれほどいいようには見えませんでした。ルイス・ハミルトンが渾身のアタックをしているシーンがありましたが、何度かミスしている部分が見えました。パワーユニット(PU)の出力を抑えることはできますが、わざとミスすることはあり得ません。

 今年のメルセデスはこれまでの考え方を変えて、新しいフィロソフィーのもとでクルマを作り込んできています。結果、もともとのよかった部分を殺してしまっていて、プラスマイナスどちらかといえばマイナスのほうが出ている印象でした。おそらくテスト期間中はチームが狙っているレベルにたどり着けていなかったと思います。

 ただ、開幕までにマシンに手を加え、昨年までの方向に振ってくるのではないかと予想しています。メルセデスは7連覇を達成しているチームですから、修正してくる力は十分にある。だから、いざフタを開けてみたら「やっぱり強いメルセデスに戻ってしまったか......」という感じになるかもしれませんね。

テスト走行を見た感想を詳しく語った中野信治氏テスト走行を見た感想を詳しく語った中野信治氏