2020.11.23

MotoGP最終戦は予測不能のシーズンを象徴する展開。スズキは三冠を逃す

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●写真 photo by Takeuchi Hidenobu

最終戦ポルトガルGPで優勝したミゲル・オリベイラ最終戦ポルトガルGPで優勝したミゲル・オリベイラ  予測不能の20年を象徴する、ドラマチックなレースだった。

 シーズン最終戦ポルトガルGPを制したのは、同国出身のミゲル・オリベイラ(レッドブル KTM Tech3)。土曜午後の予選では、MotoGP2年目で自身初となるポールポジションを獲得し、日曜の決勝はホールショットを奪うとそのまま後続を一方的に引き離す展開で圧勝を飾った。

 レースのスタート後は誰にも一度も前を譲らず、あっという間に2番手以下を引き離して、3周目には2秒の差を築き上げた。その後も着々とリードを広げ続けて、独走でチェッカーフラッグ。今季2勝目を達成して、1年間の戦いを締めくくった。

 オリベイラがMotoGP初優勝を飾ったのは、シーズン5戦目のスティリアGPだった。このときは、最終ラップまでトップ争いのバトルが続き、最終コーナーで前2台の隙を巧みに突いて大逆転の優勝。いわば頭脳プレイと技術で勝ち取った初勝利だったが、今回の場合は、母国大会の意地を見せて、圧倒的な力で全員をねじ伏せた。地元コースでこれほどまでに力強い勝利を達成すれば、自分自身はもちろんのこと、母国のファンや所属チームにとっても感無量だろう。

「スティリアGPのときは、ラストラップのバトルだった。今回は(地元開催だったので)かなり気合いが入っていて、最初から最後まで一度もバトルにならなかった。全周回を通じて自分の気持ちをコントロールすることとの戦いだったので、こういう勝ち方ができて本当に格別な気分だ」