2020.10.31

アイルトン・セナの事故から26年。
ホンダF1はイモラで奇跡を起こせるか

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by Boozy

 あの悲劇から26年。イモラ・サーキットに2006年以来となるF1マシンの共演が戻って来た。

 ホンダの現場責任者である田辺豊治テクニカルディレクターにとっても、イモラは思い出の詰まった場所だ。1994年にここで命を落としたアイルトン・セナと切っても切れない深い結びつきのあったホンダだけに、田辺テクニカルディレクターもタンブレロのコース脇にあるセナの銅像のもとへと歩いて行った。

イモラでレッドボル・ホンダはどんな走りを見せるのか「挨拶してきました。今も(コース脇の)フェンスにはブラジルの旗だったり写真だったりがたくさんあって、ファンの人も集まっていて、ちょうどドライバーが歩いていると声をかけたりしていましたね。セナはあいかわらず寂しそうな顔をして、背中を丸めてコースを見詰めていました。

 やはりイモラと言えばセナです。第2期の頃はセナが活躍して、我々がF1活動を終えた後ですが事故がありました。良い思い出も悪い思い出も含めて、忘れがたい思い出が多々あります」

 2018年にF1の世界へ戻って来て以来、ブラジルを訪れるたびにモルンビーの墓地を訪れていた田辺テクニカルディレクターだが、イモラは第3期活動の時以来の訪問となる。マックス・フェルスタッペンが優勝し、ピエール・ガスリーが表彰台に立ったあのブラジルGPと同様に、どこか特別な気持ちがホンダ陣営にはある。

 セナとローランド・ラッツェンバーガーの悲劇が起きるまで、イモラは超高速サーキットとして名を馳せた。そこで活躍していたのが、ホンダパワーだった。

「パワーサーキットと呼ばれるモンツァ、シルバーストンと並んで、イモラでも第2期の1.5リッターツインターボのホンダパワーは非常に強さを発揮していたことを克明に覚えています。イモラの予選でもすばらしい結果を残していましたね。ですから、イモラに来るのは楽しみでした」

 イモラで現行ハイブリッド型パワーユニットのF1が開催されるのは初めてのことだ。