2020.09.26

ハミルトンの圧倒的強さを中野信治が分析。レース以外の要因に注目

  • 川原田剛●文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

◆「美しき世界のF1グリッドガールたち」はこちら>>>

「中野信治が占うF1・2020年シーズン後半戦」中編 


2020年シーズン、ミハエル・シューマッハの持つ史上最多の通算91勝、7度の世界チャンピオン獲得という偉大な記録に挑んでいるルイス・ハミルトン。第2戦で今季初優勝を挙げると、チャンピオンシップを独走。第9戦のトスカーナGPで通算90勝目を挙げ、シューマッハの最多勝記録にあと1勝まで迫っている。35歳になった現在でも「体力の衰えは感じない」と語り、勝利を量産し続けるハミルトン。その強さの秘密はどこにあるのだろうか? 元F1ドライバーでDAZNの解説者を務める中野信治氏に話を聞いた。 

今季も強さを見せつけるメルセデスのルイス・ハミルトン  メルセデスでルイス・ハミルトンとコンビを組むバルテリ・ボッタス。第9戦のトスカーナGP終了時点で、ハミルトン6勝に対してボッタスは1勝。ふたりの成績には大きな差がついていますが、ドライビングの技術やセットアップ能力などの差は本当にわずかなものだと思っています。

 マシンを走らせるスピード感覚の部分でも、若干、ハミルトンが上回っていると感じますが、ボッタスもセンスがあるし、間違いなく速いドライバーです。

 ハミルトンとボッタスの成績を分けているのは、ひとえにメンタルの差だと僕は見ています。勝つことに対する貪欲さ。そこが大きな要因になっていると考えています。

 貪欲さとは、ただ単に勝ちたい気持ちが強いというだけでなく、勝つためにどうしたらいいかと考えて、行動し、発言することです。

 ドライバーが勝つための最善の方法はいいマシンに乗ることです。そのために自分が何をしなければならないか? 僕はいろんなところで繰り返して言っていますが、モータースポーツはドライバーがひとりで頑張ってもできることは限られています。周りが動いてくれないと何もできないのです。