2020.09.26

F1後半戦を中野信治が解説。日本人ドライバーのステップアップにも期待

  • 川原田剛●文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 桜井淳雄●写真 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

◆「ホンダF1今季2勝目。ガスリーが表彰台の中央で亡き友に捧げる」はこちら>>>

「中野信治が占うF1・2020年シーズン後半戦」後編 


メルセデスとハミルトンがチャンピオンシップを独走する中、中団グループで史上稀に見る熾烈(しれつ)なバトルが繰り広げられている。"ベスト・オブ・レスト"になるのはどのチームか? また、シーズンの折り返しを過ぎ、2021年のランナップに関する噂も飛び交っているが、F1直下のFIA F2選手権で活躍するミハエル・シューマッハの息子ミックや日本人ドライバーの角田裕毅らのステップアップはあるのか? 元F1ドライバーの中野信治氏に、後半戦、そして今後のF1の見どころを聞いた。 

中団グループが接戦を繰り広げている今季F1 今シーズンのF1は、メルセデスを除いた中団グループの戦いが本当におもしろい。いわゆる"ベスト・オブ・レスト"という集団があって、それが毎戦のように入れ替わります。マクラーレンが速いと思ったら、次のレースはルノーやレーシングポイント、今度はアルファタウリと......。これがトップ争いだったら、今のF1はどれだけおもしろいんだ、というぐらいおもしろいです(笑)。

 予選から決勝までタイムが接近して、一時も目が離せません。その中団グループで注目選手をあげるとすれば、まずはレーシングポイントのランス・ストロール(21歳)ですね。彼はイタリアGPで初めて表彰台に上がりましたが、最近、着実によくなってきました。

 彼の持ち味は、「おぼっちゃま」の思いっきりのよさ。父親が所属チームのオーナーということもあるので、失うものがありません。あれは負けても何も失わない強さですよね(笑)。ノープレッシャーでのびのびと戦っています。まだ安定性に欠ける部分がありますが、とにかく勢いがあっておもしろい存在です。

 マクラーレンのランド・ノリス(20歳)はすごく速いし、高いセンスを感じます。彼は本当に今どきの若者という感じで、F1を楽しみすぎというぐらいにすごく楽しんでいます。そこは非常に好感を持っていますが、もともとのセンスだけでは生き残っていけないのがF1です。