ハミルトンの圧倒的強さを中野信治が分析。レース以外の要因に注目

  • 川原田剛●文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 これからハミルトンがピークから落ちていく中でどう戦っていくのか、同じドライバーとして、またF1ファンとして、すごく興味があります。ハミルトンの貪欲さを学んだ新たなチャンピオンが誕生するのを期待していますが、大事なのは、僕たちが見ているサーキットでの戦いではないと思っています。

 レースで結果を出すことは重要ですが、それはドライバーの仕事の氷山の一角にすぎません。逆に水の中にあって見えないところが、勝負のカギを握っていると言っても過言ではありません。それがモータースポーツの面白いところであり、難しいところなんです。
(後編につづく)

【プロフィール】
中野信治(なかの・しんじ)
1971年生まれ。F1、アメリカのCARTおよびインディカー、ルマン24時間レースなどの国際舞台で長く活躍。現在は日本最高峰のスーパーフォーミュラとスーパーGTに参戦する「TEAM MUGEN(チーム・ムゲン)」の監督を務めながら、SRS(鈴鹿サーキットレーシングスクール)の副校長として若手ドライバーの育成を行なっている。世界各国での豊富なレース経験を生かし、DAZN(ダゾーン)のF1解説も担当。

5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る