2020.06.25

みんなに愛されたニッキー・ヘイデンが遺したレース愛あふれる言葉

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

MotoGP最速ライダーの軌跡(2)
ニッキー・ヘイデン 下

世界中のファンを感動と興奮の渦に巻き込んできた二輪ロードレース界。この連載では、MotoGP歴代チャンピオンや印象深い21世紀の名ライダーの足跡を当時のエピソードを交えながら振り返っていく。
2人目は、ニッキー・ヘイデン。世界中のファンを魅了したアメリカ人ライダーが、MotoGP史に残した足跡を辿る。

 2006年シーズンのサマーブレイクが明け、後半戦に入ると、チャンピオン争いの状況は緊迫感を増し始めた。

エストレージャガリシア・0,0・マーク・VDSのレザースーツを着たニッキー・ヘイデン 前半戦をランキング首位で折り返したニッキー・ヘイデンだったが、シーズン後半の戦いは惜しいところで表彰台を逃すレースが続いた。一方、レプソル・ホンダのチームメイトで20歳のルーキー、ダニ・ペドロサと、前年まで5連覇を続けていたヤマハのバレンティーノ・ロッシが猛追を開始した。

 9月下旬の日本GPを終えた段階で、ランキング首位のヘイデンに対して2番手のロッシは12ポイント差まで迫っていた。また、ペドロサはヘイデンまで32ポイント差で、計算上まだチャンピオンの可能性が残されていた。

 シーズンは残り2戦。わずかなミスが命取りになる状況のなか、最終戦を前にしたポルトガルGPで予想外の出来事が勃発する。