2020.07.01

F1ホンダ、頂点へ自信あり。
言い訳なしで「技術と技術の勝負」

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 今年のホンダは、パワーと信頼性でメルセデスAMGに並ぶ。

 数日後に迫った2020年シーズンの開幕に向けて、ホンダは自分たちの作りあげたパワーユニットRA620Hに自信を見せている。

3カ月半でレッドブル・ホンダはどれほど進化したのか 昨年、ホンダはレッドブルとともに3勝を挙げた。だが、後半戦に投入したスペック4でトップに追いつくことを目標としていたものの、パワーユニットはまだメルセデスAMGに追いついていない。

 F1パワーユニット開発総責任者の浅木泰昭は、こう振り返る。

「去年1年間でメルセデスAMGに追いつくのが目標でした。ただ、ターボの効率もあって標高が高いところではけっこういいところにいけた一方、低いところではまだ負けているのが分析した結果でした」

 ホンダ自身の伸びとしては、計画どおりだった。しかし、ライバルの伸びは想定以上だった。だから結果として、平地では追いつくことができなかった。

 だが、そこから2020年に向けて開発してきたRA620Hでは、今度こそライバルに並ぶことを想定している。