2020.01.29

今季F1注目ポイント。ハミルトンが
シューマッハの記録を塗り替えるか

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

2020年シーズン10大注目ポイント@前編

 あと1カ月半で2020年シーズンが始まろうとしている。

 果たして、どんなシーズンになるのか。そして、どのようなところに注目すればシーズンを楽しむことができるか。着目すべきポイントを挙げて、新シーズンを予想していこう。

昨年6度目のドライバーズチャンピオンに輝いたルイス・ハミルトン(1)2020年はシーズン序盤が勝負?

 2020年は前年からレギュレーションが変わらず、基本的にはどのチームも正常進化型のマシンで戦う。そのため、勢力図の大シャッフルは考えにくい。

 そう言えるもうひとつの理由が、2021年に大きなレギュレーション変更を控えているからだ。マシンがガラリと変わるため、どのチームもできるだけ早く2021年型の開発にリソースをシフトしたいところ。

 加えて、2021年にはバジェットキャップが導入されて、年間予算が最大1億7500万ドル(約190億円)に制限される。その導入前の2020年のうちに、可能なかぎり今後に向けた設備投資や開発を進めておきたいというのが、各チームの本音なのだ。

 そのため、2020年はシーズン序盤で「タイトル争いの可能性が乏しい」と判断したチームは、その後の開発を早々にあきらめて2021年シフトを進めることになる。激しい争いが繰り広げられている中団グループも同じく、2020年の開発競争に加わるより2021年シフトを選ぶチームが出てくるだろう。

 すでにどのチームも発表&開幕仕様のマシンパッケージと、シーズン第1弾となるヨーロッパラウンド序盤の大型アップデートまでは計画が進んでいるはず。だが、その後も2020年型マシンの開発を続けて2020年の成績を追い求めるかどうかの判断は、シーズン序盤数戦の戦闘力をもって判断することになる。

 2020年はタイトル争い、そして中団グループ争いのそれぞれで、早期に脱落者が出る可能性がある。開幕ダッシュがこれまで以上に重要なシーズンとなるだろう。