2020.02.05

レッドブル・ホンダ「タイトル奪還」の
リアル度。2020は「収穫の年」

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

2020年シーズン10大注目ポイント@中編

(4)結成2年目、レッドブル・ホンダが勝つチャンスは?

 昨年、レッドブル・ホンダは3勝を挙げた。だが、実際にはあといくつかのレースを制していても、おかしくないだけの速さは持っていた。フロントウイング新規定への対応につまずき、開幕8戦は棒に振ってしまったが、空力問題が解決してからのレッドブルは安定したパフォーマンスを見せていたと言える。

「10大注目ポイント@前編」はこちら>>>

今年のレッドブル・ホンダは何勝をマークできるのか? とはいえ、昨年レッドブル・ホンダが速さを見せたのは、低速、高地、酷暑など、やや特殊なレースばかり。それではタイトルを獲ることはできない。今年はオールラウンドの速さを身に着けることが課題となる。

 2020年は同じレギュレーションでの2年目。最近のレッドブルの傾向からすれば、同規定2年目はマシン解釈も十分に進んで、トップクラスの車体を作りあげてくる可能性が高い。昨年のうちに実戦投入を果たせなかった改良型フロントウイングも、フリー走行での実走データは収集しており、これを元にしたマシン作りが進んでいる。