2020.02.07

F1若手で一番速いのは誰だ。
日本人ドライバー誕生も目前に迫っている

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

2020年シーズン10大注目ポイント@後編

(7)新人ドライバー&2年目のルーキー筆頭株は?

 2020年は残念ながら、新人ドライバーがひとりしかいない。FIA F2王者のニック・デ・フリース(オランダ・25歳)はフォーミュラEに活躍の場を求め、F2参戦4年目の経験を生かして混戦のなかランキング2位となったニコラス・ラティフィ(カナダ・24歳)がウイリアムズからF1デビューを決めた。

「10大注目ポイント@前編」はこちら>>>

「10大注目ポイント@中編」はこちら>>>

昨年マクラーレンですばらしい走りを見せたランド・ノリス ラティフィはすでにレーシングポイントやウイリアムズで公式テストやFP1出走の経験を積んでおり、F1マシンには慣れ親しんでいる。

 しかし、FIA F2での戦いぶりを見ると、厳しさは否めない。2018年は王者ジョージ・ラッセル(イギリス・21歳)とは大きな開きがあり(ラティフィはランキング9位)、チームメイトだったランキング3位のアレクサンダー・アルボン(タイ・23歳)にもダブルポイント以上の差をつけられた。