2019.11.21

7人の日本人ライダー総括。
MotoGP中上貴晶は手術からの復活を誓う

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

 2019年シーズンが終了し、MotoGP、Moto2、Moto3の3クラスに参戦した7名の日本人選手たちのリザルトは、Moto3で4回の表彰台(優勝=2回、2位=2回)と2回のポールポジション、Moto2では1回のポールポジションという結果となった。

最終戦のバレンシアGPに手術を終えた中上貴晶がやってきた MotoGPクラスでは、最高峰2年目の中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)が右肩の手術で最後の3戦を欠場したとはいえ、ランキング13位で一年を終えた。ベストリザルトは第6戦・イタリアGPの5位。第8戦・オランダGPの決勝で転倒に巻き込まれた際に傷めた右肩を手術するため、10月の第16戦・日本GPがシーズン最後のレースになった。

 その後、手術を終えた中上は、右腕をブレース(医療用の補装具)で固定した状態で最終戦バレンシアGPのリカルド・トルモ・サーキットへやってきた。シーズンを終えたチームへの挨拶や現在の状況報告を兼ねた、一種の表敬訪問だ。

 抜糸を数日前に済ませたところだと中上は話し、メスを入れた右肩や固定した上腕の運動機能を早く取り戻すためにも、近々にブレースを取り外して水泳などの有酸素運動でリハビリを開始する予定だという。年内いっぱいは筋力や体力の回復に励み、1月頃からモトクロスなどで少しずつバイクトレーニングも再開したいと復活プランを明かした。

「まずは2月のセパンテストで(体調を)いい状態に持っていき、バイクを理解できるようにすることが今の一番の目標です」

 2020年の中上は、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)のチャンピオンマシンである2019年仕様でシーズンを戦うことになる。

「高いポテンシャルのバイクであることは結果が示しているとおりだし、その半面、他のライダーには乗りこなしにくい、難しいバイクであることも十分に理解しています。

 このバイクでいい結果を出せれば、自分に対する評価も上がると思います。年内のテストに参加できず、走り込みができない分、年明けに向けてしっかりとフィジカル面の回復を目指して、大事な2月のセパンテストに備えます」