2019.10.08

F1日本GP直前。旬を迎えた「秋のフェラーリ」を味わい尽くす

  • 川喜田研●取材・文 text by Kawakita Ken
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

ルクレールとベッテルのチームメイト同士の争いが白熱してきた

 いきなりで恐縮だが、今「フェラーリが旬」である。もちろん、今週末に迫ったF1日本GPで最大の注目ポイントは……と聞かれたら、当然「レッドブル・ホンダ&マックス・フェルスタッペンの活躍やいかに?」という話になるのだろう。

 だが、そういうのはすでにどこかで誰かが書いているに違いない……。そこで、F1の魅力を知り尽くした「大人のファン」の皆様に、ぜひともご提案したいのが「旬を迎えた秋のフェラーリを味わい尽くす」という日本GPとF1シーズン終盤戦の楽しみ方だ。

 ここ数年、不作が続いていたフェラーリ。だが、今年は猛暑の夏を乗り越えてシーズン後半に入って熟成が一気に進み、力強い味わいと繊細で複雑な香りが魅力で「期待と不安と愛憎がグラスの底で渦巻く」最高の仕上がりになってきた。このまま行けば2019年はいろいろな意味でフェラーリの「ヴィンテージイヤー」となりそうである。

 何が「最高の仕上がり」なのか? その理由は現在のフェラーリが単に「速くて、強い」だけでなく「ちょっとヌケていて、かなりモメそう……」でもあるからだ。

 まずは「速くて強い」だが、シーズン後半に入ってから見せたフェラーリの速さはメルセデスをはじめとしたライバルチームはもちろん、おそらくフェラーリ自身にとっても「驚き」だったに違いない。課題だった予選では4戦連続のポールポジション! コース特性やコンディションの違いを問わずに、安定した速さと強さを見せるようになってきた。